ニキビの種類にはどんなものがある?

顔に出来てしまうニキビ

 

よく見ると同じようなできものでも微妙に違いがあります。
そんな色々な状態のニキビは呼び方も違えば対処の仕方も変わってきます。

 

ニキビの種類にはこんなものがあります

炎症していないニキビ

微小面ぽう(マイクロコメド)

皮脂が詰まり始めてきている状態です。
毛穴が狭くなっていて見た目にはわかりません。

面ぽう(コメド)
白ニキビ

毛穴が皮脂で詰まった状態です。
中心が白く膨らんでいる場合もあります。
皮膚の内部では毛包が広がってしまい、アクネ菌が増殖し始めます。

黒ニキビ

白ニキビが悪化し毛穴が開いた状態です。
酸化した皮脂やメラニン色素によって黒く見え、シミやホクロの様に見えることもあります。
清潔感の無いように見えてしまうことも。

 

炎症が起きてしまったニキビ

赤ニキビ

白ニキビが悪化して炎症が起きてしまった状態です。アクネ菌が増殖して活発に活動し、炎症を引き起こす物質が作られてしまいます。

化膿(かのう)したニキビ

白ニキビが悪化して赤ニキビになり、さらに悪化して化膿してしまっている状態です。膿が黄色く見える為、黄色ニキビと言われたりします。
皮膚の内部ではアクネ菌から分泌される酵素「リパーゼ」が毛包の壁を破壊して、炎症を引き起こす物質が外に出てしまいます。物質が周りに付着し、ニキビの炎症が広がってしまいます。 

この化膿(かのう)したニキビを放置してしまうと皮膚の凹凸が残ってしまう場合があります。

 

ニキビが悪化してしまった場合、種類によって対処法が変わってきます。
皮膚科を受診するのが一番です。

 

市販薬で治す方法もありますので、皮膚科に行く時間がないという方はドラッグストアなどで薬剤師と相談して市販薬を選ぶといいと思います。

 

クレーターが残ってしまう前に適切な治療をしてください。
10代のニキビと20代以降の大人ニキビでは原因が変わってきます。
肌に合ったものや正しい使い方を教えてもらいましょう。

 


トップページ